予防接種の種類の価格.com

予防接種はお金が掛かる場合とそうではない場合があります。各予防接種によって料金が高いものや安いものがありますが、病院によってその料金が異なるところが多いです。こちらでは予防接種の料金についてご紹介していきます。

一番高い予防接種とは

予防接種とは、ある疾患に対して抵抗を持ち発病しない免疫をつけるためにワクチンを投与することです。最も一般的な予防接種としては、インフルエンザに対してのものが挙げられるでしょう。日本では予防接種法という法律があり、疾患によってはその接種が義務付けられるということもあります。これらの接種のうち多くは乳児の段階で早めに行ってしまうという場合が多く、乳児検診で4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、急性灰白髄炎)、MRワクチン(麻疹・風疹)、BCG接種(結核)などに対して耳慣れているという人も多いのではないでしょうか。これらの予防接種は、疾患の発症を抑制し、伝染病としての流行を防ぐという大きな役目を担っています。その反面、予防接種をしていても罹患するという疾患もあり、その最も代表的なものの一つがインフルエンザです。毎年12月頃になると流行しはじめてテレビなどでもよく話題になるので、冬の風物詩のようなイメージを持っている人もいるかもしれません。これらの予防接種は自由価格といって病院で自由に価格を決められるため、接種を行う病院によって微妙に値段が変わります。それでも多くの場合、相場価格から大きく外れた価格には設定されませんので問題となることは少ないですが、たとえばインフルエンザの場合だと概ね3000円程度の価格で行われることが多いです。その他の予防接種は、種類により値段の差がありますが、一番高いものでもおよそ12000円程度と言われています。これらの予防接種は国や地方自治体の補助の対象となることもありますので、自分に必要なものを選んだ上で制度をうまく活用して健康に、快適に過ごしていきたいものですね。
■知っておきたい
インフルエンザ 予防
■インフルエンザ治療薬
リレンザの副作用と効果効能